ウェントワース女学院で起こる日々の出来事・・・
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
調律


ザ・ロイヤル・スクール・オブ・エバーグリーン…。

我が校の姉妹校とは言え、その校風はあまりに奇抜。

寮ごとに雰囲気や寮訓が違うのはよくある話だ。

しかし、まるで生徒の方が寮の色に染まっていき、争う姿は…さながら軍隊の様ではないか。


ティーパーティーの準備で浮き足立っている生徒たちに悪影響を起こす前に、対策を練るとする…

「せっかく生徒たちがパーティーの準備をしているというのに、そんなに仏頂面していると、生徒たちから言われてしまいますよ?
『ヘア・フォイルナーには楽しむという感覚が無いのですわ』、ってね…?」


…お前か。ムッシュ・グランヴァル。

「結構。今週末に開催されるのは生徒たちのためのパーティーであり、我々教師が楽しむものではないだろう。」

至極真っ当な意見だと思うのだが、彼はつまらなそうに首を傾げた。

「うーん…、生徒たちに寄り添い、背中を押してあげるのも教師の使命だと思うんですが…。ほら、この陽気に彼女たちの陽気が重なって…。そんな気分を後押しする…旋律で表すなら、ほら、こんな感じで。」

突然、手に持っていたヴァイオリンを弾き始める。
聴いたことはあるが、題名は思い出せない。


だが…、

「芸術は好きではないが、演奏ひとつ、出来ないわけではない。貸してみろ」

昔の記憶…譜面を頼りに旋律を奏でる。
さぞ驚いた顔をするものだと思ったが、彼は複雑な顔を浮かべた。

「そうだね…、意外ではあったけれど…。僕の感覚からいうと『つまらない』、だね。」

ああ…、それか。
昔からそう言われ続けてきた。楽譜には忠実なはずなんだが…。

と、言ったところで、ふぅ、と溜め息を吐かれた。やはり腹が立つ。

「フォイルナー、音楽は芸術ですよ?型に嵌めただけのものが面白いはずがない。」

天に向かって指揮棒を振るような仕草を見せながら、続ける。

「100点は満点じゃないんですよ。思いもよらず120点、200点のモノに出会うから人は芸術に感動する…、と、いったところでしょうか。」

相変わらず理解し難いが…評価を点数に置き換えるのであれば、いつもの素っ頓狂な
話より少しは聞く余地がありそうだ。

「そうですね…例えば、Aという音楽家がいたとします。Aの創る音楽はとても独創的でしたが、Aはその溢れる感性の代わりに楽譜というものに自分の音楽を閉じ込めることをひどく嫌い、ただの一度も自ら楽譜を起こすということをしませんでした。そこで、彼自身が信頼を置く別の音楽家BとCに依頼をして自らが演奏した楽曲の楽譜を書かせたんです。」

…例え話か、作り話か、実話なのかはっきりしないが…、

「出来上がった楽譜を見て、Aはとても満足しました。素晴らしい、二人ともよくぞ私の魂を汲み取ってくれた、とね。…しかし、Aの楽曲はBの楽譜であり、同時にCの楽譜でもあるのですが、Bの楽譜とCの楽譜は同じではありませんでした。」

A=Bであり、A=Cであるのに、B=Cではないと…?
やはり論理性の欠片もない馬鹿げた話だった。

「それが芸術ってものですよ、フォイルナー?あぁ、あと…、調律、ずれてましたよ?そのバイオリン。」




……………お前が持っていたヴァイオリンなのだが………もう、何も言うまい。
13:00 (11・13ago)数学教師 グレゴリウス・ローゲル・フォイルナー -
Dans l'attente de partie de thé♪


フフ♪今週はいよいよティーパーティー!
セドリックお兄様とトゥーレお兄様がいらっしゃると聞いて、私とっても楽しみだわ!


そうだわ!せっかく来るんですもの!
クッキー焼いちゃおうかしら♪


ねぇ、寮母さん。クッキーの作り方を教えて頂きたいのだけれど…まぁ!ありがとうございます♪


こうして…こう…かしら?

ねぇ、合っているのかしら…?


良かったわ…。
お菓子を作るのって難しいのね…。


あら、そういえば、トゥーレお兄様に会うのは何時ぶりだったかしら…。

確か、我が家に遊びにいらして以来よね…。


あ!いい匂いがしてきたわ!

まぁ、美味しそうにできてるわね!
ありがとう寮母さん♪


後はトゥーレお兄様とセドリックお兄様の分を包んで…っと、出来たわ!

ねぇ、寮母さん、私上手に出来ているかしら?

フフ♪早くパーティーの日にならないかしら♪
お兄様とトゥーレお兄様と3人で沢山お話ししたいわ!
お話ししたい事が沢山あるんですもの♪
13:00 (13ago)4年生 モーリーン・ローマ・ダウズウェル -
One step away from day-to-day


ここのところ寮内がとても騒がしい
部屋の前を何度も何度も
忙しない声が通り過ぎてゆく

ティーパーティー…ねえ…

毎年催されているものだし
特に意識することは無いけれど

周囲がいつもに増して浮き足立っているのは
エバーグリーンから手伝いの生徒が来るから

「〜寮の〜先輩は来るのかしら?」
「〜様素敵よね!」

ほら、また聞こえる

その手の会話をしたことのない人なんて
誰もいないのではないかと思うくらい

「シルフィード寮からは…」
「ノーム寮の…」

「ミス・ボーマルシェ、ちょっといいかしら」

「どうにかして私もお近づきになれないかしら」
「お話だけでも…」

私だって会話を振られた時は、それとなく
似たような事を返そうと努めてみるけれど…

よく分からない会話に合わせるより
私にはもっと刺激的で心が惹かれるものがあるの

私をどこか別の世界に連れて行ってくるもの


「ミス・ボーマルシェ?いらっしゃるのでしょう?」

ああ…待って
あと一つ、あと一つだけ
魔法を試したら
日常の扉を開けるから
13:00 (13ago)7年生 ジェラルディン・アヌーク・ボーマルシェ -
En su habitacion


ティーパーティーの準備で


皆忙しそうね





それなのに…





「クリームヒルトは部屋で休んでいて」






なんて言われてしまったわ…










ちょっと体調が悪いけれど



私にも少しくらい何か手伝える事があると…




思ったのに…






仕方ないわ


今日のところは諦めましょう









それでも




考えてしまうのは

ティーパーティーの事ばかりね






当日はエバーグリーンからも


お手伝いに来て下さると聞いたけれど…








お兄様も来るのかしら…?






フフッ…きっと来られないわね…





お兄様は


寮長だもの





御自分の寮を放って来られる訳がないわ




じゃあ…





リシャールが来るのかしら?







それなら



真っ先にお祝いを言わなくてわね
13:00 (13ago)5年生 クリームヒルト・フィーネ・レマルク -
doesn't matter?


ここ最近の寮内は、随分と浮き足立っているみたい。

いつもは つんとした表情の女の子も

可憐なお花のように輝いて見えるもの。


ティーパーティー……

私が知っているパーティーとは、きっと違うものよね……

今週末はお父様のお知り合いのパーティーに呼ばれているから

私は参加できない。

きちんとお父様の隣で、「ごきげんよう」ってご挨拶できるかしら。

きちんと笑えるかしら。




パーティーって、こんなに女の子を笑顔にさせるものなのかしら。



私の知らないパーティー。

ちょっぴり、残念……かしら。



ああ、ロレッタ

あったわ、この本よ。
 
13:00 (13ago)4年生 オディール・ドゥニー・カストネル -
Storm In A Teacup


パタン、という少し重たい裏表紙を閉じる音が部屋に響いて

ろうそくの小さな火が私の影を揺らめかせる


パーティーにはしゃいでいた同室の皆も

もう眠りについてしまったようで

規則正しい寝息だけが静かな部屋に流れている



今は何時だろう・・・


これを読み始めたのは・・・20時頃かしら・・・?


いつもより少し早い時間に夕食を終えて

サロンで談笑する先輩や同級生たちに挨拶をして

部屋に戻ろうとしたら・・・


お姉様に呼び止められて、少しお話をして・・・



 「ねえ、ロレッタ
  来週末は、私と一緒にトライデント・オブ・ザ・シーズに帰らない?」


 「この春は私が忙しくて帰省できなかったけれど・・・、
  お父様からの手紙にも、いつでも帰って来て構わないって書いてあったもの」


 「お兄様はいらっしゃらないみたいだけれど、
  久し振りに皆の顔を見に行きましょう?」



―――お姉様は優しい・・・



来週末のティーパーティーに胸弾む寮内の空気は

まるで密封された硝子瓶の中の様


光を反射して輝いて見えるけれど


私には・・・息苦しくて、不自由で・・・


ティーカップの中で起こる嵐なら図書室に籠っていたい・・・



そんな私を気遣って

予定の無かった帰省をティーパーティーの日に充ててくれたんだと思う




帰省にはどんな本を持って行こうかしら・・・


明日、オディールにお薦めの図書館の本を聞いてみよう・・・



さあ、もう寝なくては・・・


明日もきっと・・・


雛菊みたいに賑やかだから・・・

 
13:00 (13ago)4年生 ロレッタ・ヴィヴィア・ノースブルック -
Not incongruous


パーティーの準備が始まる…。



マグノリアのみんなはどこか少しだけ、

声のトーン 足取り 顔つき …

そんなちょっとしたことが、どれもいつもと違うように思える。



同級生のキャンディスも、

副寮長としての初めての大仕事に

とても張り切っているみたいだけど…


彼女が支えているモントルイユ先輩の横顔を見ていると

「学園の大切な行事の成功」

ただそれだけの責任感で奔走しているのではないのが

鈍感な私にもなんとなく伝わってくる。



ウェントワース第一寮・マグノリアでの

エバーグリーンの男子生徒数名を迎え入れての

一年に一度のティーパーティー。



…それは、我が家で行われたり

お父様が連れて行ってくださるパーティーとは

ちょっと違う意味をもつようで………



みんなのキラキラとした瞳を見ていると、

私やロレッタにはない輝きが

なんだか眩しく思えてくる。



ロレッタ……

いつも「パーティー」が近づくと、

彼女は周囲と違う反応を見せる。

賑やかな集まりから目を背け、

たった一人 部屋の隅で読書を始めてしまう…。



『ねぇロレッタ、

 あなたは来週末のティーパーティー…

 ……いいえ…

 …ねえ、私に提案があるのだけれど………』
 
 
13:00 (13ago)6年生 マライア・アレクサンドラ・ノースブルック -
two pleasures


あぁ、忙しいわ!
来客者のお名前、ご人数、大凡のタイムテーブルの時間配分チェック・・・
あと、その分の食器類の数と・・・それとあれと・・・

いっそのことこんな仕事、誰かに投げつけてしまいたい!
そうね、その矛先に正しい人物とするならただ一人・・・
いえ、二人くらいは居たかしら。



・・・・・・・・はぁ。

・・・なんて、
これっぽっちしか思ってないことを心の中で叫ぶのはやめましょう。
精神と体力の無駄遣いだわ。

いくら自分が出席できないパーティだとしても、こちらに足を運んで下さる
顔も知らぬお客様の楽しいひと時のためですもの。しっかりしなくては。


・・・それにしても暑いわ。
じきに春も終りを告げようとしているのか、近頃はすっかり陽も明るく強く照らして。
春夏秋冬とそれぞれがよいところを持っているけれど、同じだけ過ごしづらい面も
持ち合わせているから好きな季節を選ぶのが難しいところだわ。

こんな日は速やかに仕事を済ませてサロンにでも行くのが懸命ね。



今回のティーパーティはどうしても帰省の日取りがずらせなくて
不参加という形になってしまったわ。

エバーグリーンの学生の方々がいらっしゃるとのことだけれど、
実際にお会いしたことがないからどんな方たちなのか、一度はお顔を
拝見したかったのが正直なところ。
帰省も楽しみなのだけれど、これはこれでほんとうに残念。

詳しいことは存じ上げないけれど、きっと素朴で常識人で素敵なルックスを
お持ちの方々がいらっしゃるに違いないわ。


日々のストレスの癒しになるはずが、こんなことに・・・あぁ、ついていないわ。



あら?
あちらを歩いているのは副寮長。
また一人であんな量の手配書類を抱えて・・・

張り切ってお仕事をされるところは尊敬するのだけれど、
なんでも請け負ってしまうんだから困ったものだわ。


・・・・・。


・・・サロンはまた時間を改めて行くことにしようかしら。

紅茶はおあずけね・・・やれやれだわ。


「よければお手伝いいたしますわ。」



この私が居なくても、よいティーパーティを迎えられるようにしなくてはね。

 
13:00 (13ago)5年生 アンジェリーク・マヌエラ・フェーレンシルト -
Rumors and talk♪


聞いたわよ、お姉さま!

寮長に就任したんですってね。おめでとう!

お姉さまならきっと素晴らしい寮長になるわ。

いいえ、そうじゃなきゃ困る!

だって再来年は私が寮長になるんだから。



気が早いですって?そんなことないわよ!

だって今の5年生には、地味〜で根暗なコと、

趣味の悪〜い女しかいないんですもの。

私が選ばれるのは当然でしょ?



それよりお姉さま!

今度のパーティー、どなたがいらっしゃるんでしょうね!

前回はぱっとしない方々ばかりだったから・・・

今度は一人くらい、カッコいい殿方がいるかしら♪




・・・・・・・・




・・・なんて、お姉さまに話したいことは沢山あるのに。

最近ちょっと調子が良くないのよね・・・

小鳥の歌声のようだ!なんて言われた声が、

すっかりガラガラ。どうしちゃったのかしら。

このところ一気に暑くなったから、

風邪でもひいてしまったかしら。



―っくしょん!



・・・あら、ごめんなさい。

やっぱり風邪かしら。



・・・いいえ、きっと誰かが私の噂をしているのね!

きっとパーティーの参加者に違いないわ!

私に目をつけるなんて・・・きっとセンスのいい

素敵な殿方ね♪




ふふっ、早くパーティーの日にならないかしら♪

風邪なんて、すぐに治してやるんだからっ!
13:00 (13ago)5年生 クリスティーヌ・ベレニス・モントルイユ -
sutokeshia


んー、いいお天気だわ。
当日も晴れるかしら…


もうすぐここ、マグノリアで
ティーパーティが開催されるので、私たちは
準備に毎日追われています。

正直とっても忙しいし、大変だけど
私はこういう時間が凄く好きです。

普段はあまりお話できないような下級生や
他校の方々がいらっしゃって、
皆で準備をするので、とても楽しいです。

お話しすることで沢山の方とお知り合いになれるし、
知らないことも沢山教えていただけます。

……ただ、私はあまりお話が得意ではないので…
一緒に居る方にご迷惑お掛けしてしまうんじゃないかなと
毎回不安になってしまいます…

特に、男性の方って何だか緊張してしまうんです…

私もフェリシアみたいに、明るくいろんな方と
お話できたらなぁ……

あ、そういえば、新しく寮長と副寮長が選ばれたんですが、
クリスティーヌとアンジェリークったら
次は自分が副寮長に、自分こそが副寮長にふさわしい、と
喧嘩を始めてしまったんです。
二人とも優才だし、皆のお手本にぴったりだから、
来年はきっと監督生にも選ばれるんだろうけれど…

今度のティーパーティーをきっかけに
少し仲良くなってくれたらなぁ…って思います。


「ソフィア」

…あ、はい!

いけない、まだまだやらなきゃいけないことが
沢山あるんだったわ…!

さ、準備に戻らなきゃ。
13:00 (13ago)5年生 ソフィア・ミルドレッド・アディンセル -
<< 2/7PAGES >>