ウェントワース女学院で起こる日々の出来事・・・
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
春風



大きなイベントがまた一つ終わりを迎えた。
パーティの片付けが済んで、外に出てみたら
その瞬間に暖かい春風が私の髪を少し持ち上げて通り過ぎて行った。
 
なんだかパーティでは頭に血が上る事や大変な事もすごく多かったけど、
こうして終わってみるとなんというか、やっぱり、やりきった感があるわね。
 
 
 
ローデリック様には無事に誤解を解くことが出来たし、目立った問題もなかったし。
まあ何より、私がてきぱきと働いたお蔭ね!
 

私たちプリフェクトにとってはこれが最後のティーパーティー…。
学園で過ごす時間に悔いがないよう、これからも色々な事を精一杯頑張りたいわ。
学業も、恋愛も、友情も。
 
クリスティーヌとあれやこれやと言い合えるのも今のうちね。
 
パーティ中はゲストの皆様に熱い視線を送っている生徒もちらほらと見えたけれど…
それぞれが目標に向かって、これからも素敵な学園を築いていく事を願いましょう。
 
・・・なんだか、歳をとったような言い方になってしまったわね・・・。
 
まぁいいわ。
さて、私も他の生徒に負けていられないわ。
今しかできないことは、今、やらなければね。
09:29 (11ago)7年生・監督生 アンジェリーク・マヌエラ・フェーレンシルト -
準備


暖かい風がそっと草花を揺らした。


「…まあ。
こないだの冷たい風がウソの様ね。 もう冬も終わりかしら…」


春の訪れの兆候に思わず笑みがこぼれると、少し柔らかな気持ちになった。


ついこの間までまだ先、まだ先、と言っていたティーパーティがもう目と鼻の先にあるのね。

色々な方々をご招待して…

勿論やることはたくさんあるけれど、そんなのなんてこともないわ。
監督生として当然のことだしね。

何て言ったって、私にできないことはないわ!

それに、………ちょっとくらいは私情も混ざっているけど……



…だけどやる事がたくっ…さんあるのは、クリスティーヌが全っ然!!事務作業やら準備やらをやらないせいだわ!!
全部こっちに負担がくるばかり!

まったく、客人に媚びを売ることばかり考えていないでちょっとは手伝ってほしいところね!!

ソフィアももう少しバーンと!言ってやればいいのに!!
彼女はそれくらい十分な働きっぷりなんだから。



………私だって、お話したいお相手くらいいるわよ…。


…さ、お客様の皆様にも、あの方にも恥じないようにしっかり準備をしなくてはね!
 


09:46 (11ago)7年生・監督生 アンジェリーク・マヌエラ・フェーレンシルト -
1/1PAGES