ウェントワース女学院で起こる日々の出来事・・・
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
sit around a table


ヘイスティングスのみなさんの
お手伝いでサロンを往復するたび

あちらこちらから
フレーバー・ティーのいい香りがしてくる。



ダージリンやニルギリの紅茶に潜んで・・・

お花の香り
フルーツの香り
お菓子のような甘い香り・・・

・・・時折、わたしの大好きなあの
紫色の花の香りもフワッと届いてくる。

ブーケ・ロワイヤル・ラベンダー・・・!



ミス・ラファネルの焼き上げるお菓子は
どれも見た目も可愛らしくて、

視覚・嗅覚・味覚がとても刺激されるから、
ウキウキせずにはいられない。



フフ・・・
それは、男の子でも一緒みたい。

今回同席させていただいた
音楽の名門・バルフォア家の彼・・・

彼の目も、私やヴェロニカと
何ら変わりなくキラキラしていたわ。

男の子でも、
あんな目をするのね。



ふだん接する男性といったら
学園の先生達ばかりだったから、

ちょっと貴重な経験ができたと思う。




・・いつか私も・・・

お父様ではない誰かと

毎日テーブルを囲む日が来るのかしら?



・・・なんて・・ね。

 
15:42 (28ago)6年生 メレディス・ペルセフォネ・ローレンス -
1/1PAGES