ウェントワース女学院で起こる日々の出来事・・・
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
愛の行方



 『学院における生徒と教師の不純異性交遊に関する報告書』、…ねぇ。

なんて色気もロマンスの欠片もないタイトルなんでしょう。

あの子と…、そう、ミス・ロンズデールとミスター・マクファーソンの想いは、

こんな紙ぺら一枚やこんなおカタい文字に収まるようなものではないのに…。




オープンキャンパスから、そう、あの出来事が起きてから一週間。

学園でのタブー、教師と生徒との恋愛。身分違いの…、淡く儚い恋。

ずっと大事に温めて、育んできた二人の想いは、

偶然と言うにはあまりにも残酷に、突然に、引き裂かれてしまった。

ミス・ロンズデールは退学処分となり、ミスター・マクファーソンも、また…。


学院ではその後、事態を重く見た教育委員会だとかが一斉に聞き取り調査を開始、

生徒、教師合わせて全員に交際関係がないか聞いて回ったの。


「ミスター・ロワイエ。貴方は随分と女子生徒と友好を深めているそうですが…。」


ですって。バッカじゃないの。いくらあたくし好みのいい男だからって幻滅よ。

それに…、ミス・ロワイエか、せめてムッシュ・ロワイエって呼んでほしかったわ…。




ぎゅっ。



ハンカチを握る手に思わず力が入る。




(…お願いです…っ!!どうか、行かせてください…っ!!)

(このままでは、クレアが…っ!…クレアーーっ!!)



あんなに…、あんなに必死だったのに…。



(ダメよ…っ!!うう…本当は行かせてあげたいけど…)

(…行かせるわけには、いかないのよ…っ!!!)



…彼を…引き止めてしまった…。




結局、ミスター・マクファーソンは…追いつけなかったんですって。

やっとお互いの愛を確かめ合えたというのに、もう、二度と会えないだなんて…。



あの時、あたくしがすんなり手を離していたら、

二人の手と手は、再び、固く結ばれたのかもしれないわ。



そして…、二人は逃げるの。

親から、学校から、逃げなければいけなかった…世間から。

身分違いの恋なんて関係ないって、身分も何もかもすべて投げ捨てて、

ただ二人で暮らせるように、誰も知らない小さな家に身を隠して、

二人の愛の結晶を産み育てて、庭に小さな畑を作るの。

お金も要らない、周りを気にすることもない、ただ、愛する人さえ居ればいい・・・っ!!


…って、あらヤダ。またいつの間にか妄想に耽っちゃったみたい。


でも…、二人の想いが永遠で、真実の愛ならば…、

どんなに遠く引き離されても、お互いを愛し続けていれば…、

いつか…きっといつか、二人の運命は、彼女たちを再び、巡り逢わせると思うの。

小説のような、夢みたいな話かしら。でも…ロマンスってそういうものでしょう?



・・・はぁ。

これを機に、小説家にでもなろうかしら。

「なぁ〜んて、ね。」
17:47 (26ago)仏語教師・寮監 ルイ=マリー・デフロット・ロワイエ -
女学院は花ざかり





 さぁ〜てっ、年に一度のオープンキャンパスも遂に今週末に迫ったわねぇ〜っ。

内装の取り付けに段取りの確認、当日の出し物の準備。あぁ忙しい、いそがしいっ。

・・・って、えっ?あたくし?

あたくしはルイ=マリー・デフロッテ・ロワイエ。

このザ・ロイヤル・スクール・オブ・ウェントワースでフランス語の教師をしておりますの!


あら、何よ。

「あなたの美しさに目が眩みそうだ!」ですって!?

当然よぉ〜っ!あたくしの美しさはウェントワースの生徒たちにも引けを取らないわっ!

いいえっ!むしろ経験の差と、内面の美しさであたくしの方が断然、魅力的よぉ〜っ!!!

 

そういえば、オープンキャンパスといえば、父兄の方も来られるわよねぇ?

ミス・ハウエル姉妹のお兄さん、チャールズは見に来るのかしらっ!?

ハウエル姉妹、マーガレットとイザベルはそりゃあもう可愛らしいものだけど、

あの子たちを見ているとヘイスティングス時代の後輩のチャールズのことを思い出すわぁ〜っ。

なんといってもあの見た目の華やかさ!うぅ〜ん、兄妹って似るものよねぇ〜っ!!

チャールズ、久しぶりに会いたいわぁ〜っ!!

『先輩、お久しぶりです。お元気でしたか?相変わらず、いや、更に美しさに磨きがかかりましたね』

 

・・・なぁ〜んてっ!!

ウェントワースは女学院だからいつも華やかで優雅だけれど、

やっぱりたま〜に男の人が来るオープンキャンパスはお洒落にも気合が入るわよねぇ〜っ!

聞いた話によると、学園長のミス・クレメンツはこの日のために特別なドレスを用意しているとか!

うぅ〜っ!あたくしも負けていられないわ〜っ!!

ミス・クレメンツよりも華やかな服を着て周囲の目線を釘付けにしちゃうんだからっ!!

 

・・・あら、やだ!もうこんな時間っ!!これから先生たちの会議だったわっ!

あんまりもたもたしてると、のんびり屋さんのミス・マードックになってしまうわ!

それじゃ、皆さん、ごめんあそばせ♪ オープンキャンパスで会いましょうねぇ〜っ♪

00:00 (26ago)仏語教師・寮監 ルイ=マリー・デフロット・ロワイエ -
1/1PAGES