ウェントワース女学院で起こる日々の出来事・・・
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
metaphor


日増しに強くなる日差し


暖かな陽気に夏の訪れを感じる午後


それでいて宵には肌寒く感じる風


朝晩の気温が安定しないこの時期は

体調を崩しやすいものです。



立ちくらみを起こしたMs.レマルクは

幸い大事に至らず

自室で静養しているとの報告を受けました。






さて、

先日開催されたウェントワース第一寮マグノリア主催の

初夏のティーパーティー


毎年、進級した新寮生達が初めて催す

お客様をお招きしてのお茶会


新寮長Ms.モントルイユと

新副寮長Ms.モートンの

周到な準備と献身的な働きに加え、

姉妹校エバーグリーンからの力添えもあり、

滞りなく、無事に開催することができました。



我が校の伝統の踏襲とはいえ

単なる通過儀礼ではなく

この経験を紳士淑女の嗜みとして

今後に活かしていただきたいものです。




特にエバーグリーンの生徒たち


各寮の副寮長クラスが揃う

いずれ寮長になるであろう人材たち・・・


各寮の力関係を測る

良い機会になったのかもしれませんね。


フフッ・・・







おや…?

この馨しい香気は…


ダマスクローズですか





ティーパーティーに合わせたというわけではありませんが

今年も我が学園が誇る薔薇園が

見事に開花しました



豪華絢爛に咲き始めた薔薇

この初夏の一番開花は素晴らしい。


四季咲き、一季、つる薔薇、

競い合うように咲き乱れるさまは

まさに百花繚乱

新しく花開いた薔薇たちの

勢いよく咲き誇る姿は実に見事なものです。




しかし


そんな薔薇たちも

その美しさは永遠ではありません



咲き時を終えた花は

花がらとなり切り落とされます。

伸ばしていた枝も剪定され

新しい花へと

世代交代していくことになるのです。




そして新たに選ばれた枝は

ぐんぐん養分を吸い上げ

勢いよく枝を伸ばし広げていきます。



しかし

形がそろわぬほど伸びすぎた枝は


摘まれることになる。






パチン…





このように…







フフッ・・・・・・





幾星霜繰り広げられてきたこと

とはいえ

何かのメタファーなのでしょうか・・・?



 
16:00 理事長 ドナルド・エイブ・クレメンツ -
Le Concert!


ザ・ロイヤル・スクール・オブ・ウェントワース・マグノリア楽団が
貴方に送る交響曲「春のティーパーティー」はいかがでしたか?



・・・フフ、なんてね。
少々大げさかな?



ただ寮長であるミス・モントルイユを筆頭に、第一寮マグノリアの寮生たち
皆の努力の甲斐あって、パーティーは大成功だったと言ってもいい。



彼女たちの献身的な気遣いは、きっと君に届いたんじゃないかな。



姉妹校であるエバーグリーンの生徒諸君も彼女たちの活躍を陰で
支えていたようで・・・そういった意味では、このオーケストラは
交響曲というより協奏曲を奏でていたのかもしれないね。



優秀な生徒達のおかげで、美味しいお茶やお菓子を楽しむことができたよ。
特に中庭に咲き誇る学園自慢の美しい花々はゲストの皆様方にも
気に入っていただけたんじゃないかな。



でも・・・そうだね。
半年か、一年か・・・
時間が経ったらきっとまたこの学園においで。



ジョージ・ゴードン・バイロンは言った。
「小川のせせらぎにも、草の葉のそよぎにも、耳を傾ければそこに音楽がある」



君が再びこの学園を訪れる頃、中庭の花々は枯れてしまっているかもしれない。



けれど、耳を傾けてごらん。



彼女達・・・学園に咲き誇る花々は溌剌と、あるいは凛として。
枯れることなく色彩と生命に満ち満ちた音色を奏でているはずだから。
16:00 (11・13ago)音楽教師 ジュール・ベランジェ・グランヴァル -
My Favorite Thing


ティーパーティーがあった日は

いつも少し気が重い

華やかで賑やかなあの雰囲気が

私は得意ではない

そう実感してしまう


「女の子ならみんなパーティーが好き」


ムッシュ・グランヴァルは
そう仰ったけれど

【女の子】とまとめられても
そういったことが苦手な私は
その中には入れない

大多数の感覚を共有できずにいることは
そんなにおかしなこと?

私は変わっているの?



私は私、それではいけないのかしら



でも心が弾むような
そんな感覚は、私も知っているわ


あの日目の前で見た
カードマジック


まるで魔法のように
指先で軽やかに操られるカード


見ている人みんなが感嘆の声をあげ
誰もが一堂に惹き込まれて


こんなに心を動かされたのは
生まれて初めて


「君は一体何に興味があるんだい?」


ふと、昼間の問いかけを思い出す




そうだわ

これが私の興味あるもの

私が、好きなもの





不思議ね


好きだと思うものが見つかったら


気持ちが少し軽くなったみたい

 
16:00 (13ago)7年生 ジェラルディン・アヌーク・ボーマルシェ -
After the........


はぁあぁぁ……

び、びっくりした…

クリームヒルトに頼まれて、お茶をお持ちしたら
そこにはMr.ハイゼンベルクもMr.ワーデルセラムも居なくて…

唯一いらっしゃったのが…セラフィーノさん。

はじめお声をかけた時はびっくりしたけれど、
話してみたら怖い人ではなかったわ。
…ちょっと、強引?なところがあるけれど…

…もう少しお話したかったかも。
なかなかお顔も見れなかったなぁ…。

……はぁ。

自分でも変わりたいって思うけれど。
なかなか実行には移せなくて…

クリスティーヌにもよく言われるのよね。

「もっと堂々としていいのよ」

……って。

もっと皆みたいに振舞えたら。
もう少し、セラフィーノさんと楽しく
お話できたかしら…。

もう少しだけ、
仲良くなれたかしら……

……は、いけない。

せっかくボーマルシェ先輩がお声かけに
わざわざ来てくださったのに。
私ったら、また忘れてしまうところだったわ。

早くクリームヒルトのところへ行かなくちゃ。

…セラフィーノさん。

次お会いしたときには、
もっと沢山お話できたらいいな…。
16:00 (13ago)5年生 ソフィア・ミルドレッド・アディンセル -
No se preocupe


フォルスブロム…



ご長男とご次男には何度かお会いした事があるけれど…



あのご三男をお見かけしたのは
今日が初めて…






お話する事は無くても、



ご兄弟のお2人は何度か社交の場で
お見かけしているのに





あの方だけこんなにお見かけした事がない、なんて…


本当に珍しい……





「レマルク先輩?」


「あら、ごめんなさい…。モーリーン、ソフィアがサロンの片付けを手伝って欲しいって言っていたわよ」


「わかりました!」




それより、



今日はリシャールとたくさんお話が出来て



とっても嬉しかったわ




第3寮アンディーンの事


副寮長の仕事の事


寮長のお兄様の学園でのご様子…





フフ…



とっても楽しそうね


お元気そうで何よりだわ




リシャールと一緒なら尚更安心





リシャールが副寮長になって、


お兄様が喜んでいる様子が目に浮かぶわ






「クリームヒルト、早くお部屋で休んでね」



「ありがとう、ソフィア」





それにしても…




まさか

リシャールの前で倒れてしまうなんてね




最近こういう事が多くて…





だから体調には気をつけていたはずなのに…




……余計な心配をさせてしまったわね





リシャール、私は大丈夫



心配なんてしないで




少し休めばきっとすぐに良くなるわ



だから…




あなたがそんな顔をする事ないのよ
16:00 (13ago)5年生 クリームヒルト・フィーネ・レマルク -
Era partito molto divertente♪


フフ♪とっても楽しいパーティーだったわ!


セドリックお兄様に会えなかったのは…とても残念だったけれど…
トゥーレお兄様にはお会い出来て嬉しかったわ!

だって、以前お家に遊びにいらしたとき以来だったんですもの!
喜ばずにはいられなかったわ♪


トゥーレお兄様にもクッキーを差し上げて、お兄様にも渡したかったのだけれど、
いらっしゃらなくて…

でもトゥーレお兄様が届けてくださるって!

お兄様喜んでくれたかしら…?
またお兄様に会ったときに聞いてみましょう♪



トゥーレお兄様は相変わらずお元気そうで、またお家に遊びに来てくださるって!

フフ♪今度はもっと長く泊まっていらしてくださるみたい!楽しみね♪

今度こそ3人でお話しがしたいわ!


…セドリックお兄様はお元気かしら?やっぱりちょっと気になってしまうわ。

確か長期休暇でお家に戻った時以来よね…早く会いたいわ!


「モーリーン?丁度良かったわ。お手伝いをお願い出来る?」


はい!アディンセル先輩!今度は何をお手伝いしたら良いですか?
16:00 (13ago)4年生 モーリーン・ローマ・ダウズウェル -
Le secret de la fleur..


全員報告は済んだ?
これで片付けは終わりね?

……みんな、お疲れ様!

みんなのおかげでパーティは大成功だったわ!

キャンディス、あなたは本当によく働いてくれたわ。
これからもよろしくね。

ジェラルディン…あなたは…どこにいたの?
私がお願いしていた仕事そっちのけで…まあいいわ。

下級生のみんなも、本当にありがとう。
あなたたちもこれから先、もっと素敵なパーティを作っていって頂戴ね。

みんな部屋に戻って今日はゆっくり休むといいわ。
ただし、明日の授業に遅刻することがないように、いいわね?
それじゃあ、また明日。ごきげんよう!


――パタン――


…っ…あー!やっと終わったわ…!!

んーーーーっ!ハァ……。

やっぱり寮長って大変…本当、疲れた…。

それより……ルチアーノ…様……。
あんな風に手を取ってくださるなんて…まさか、ルチアーノ様…私のこと…。

ハッ!いけないわ、私ったら!なにを考えてるのかしら!そんなことある訳…ある訳……zzz…
16:00 (13ago)7年生・監督生 エリザベート・アミラ・モントルイユ -
ティーパーティーを思い出し


ごきげんよう!

出席させていただいたウェントワースのティーパーティー
毎年生徒たちが準備から始まりお客様をもてなすその会場は
今年はすこしだけ毛色が違ったように見えましたね。

私の学園の生徒とも違うエバーグリーンの生徒達が
このウェントワースの生徒達にどのような影響を与えるのか
少し興味もあるというものです。

まあ、それはともかく
お互い多忙を極めるため、なかなかお会いする機会の少ない
ミスター・クレメンツやミス・クレメンツに
お会いできなかったのは少々残念ではありましたが
ムッシュ・グランヴァルといろいろと話ができたのは良かった。

教師といえど人間であり、その考え方は人それぞれ
だからしっかりとその人の話を聞き何を考えているのか
自ら見ることも大切なのではないかと思います。

それによって思わぬところに
自分と同じ考えの人と出会う場合もある。
今年のティーパーティーも、とてもよい時間を過ごすことができました。

 
16:00 ヘイスティングス学園長 ヴィクター・グラエム・エリスン -
Fulfilling party


春の陽気

香るフレーバーティー

甘く色とりどりのケーキ


今日、招待したお客様は

楽しい春のティーパーティーを過ごしていただけたかしら?


私にとっては、副寮長としての初めてのティーパーティー

忙しいながらも、とても充実していたわ!


「ねぇ、寮長!とても素敵なティーパーティーになりましたよね?」


...寮長?お返事がないけれど、なんだか夢見心地でとっても幸せそうなご様子...?

きっと、寮長も素晴らしいティーパーティーができて喜んでいるのかしら!

寮長がこんなに喜んでいるなら、私も副寮長として、とても嬉しいことだわ

寮長の補佐をすることができて良かった!


そういえば、妹からの手紙の返事をまだ書いていなかったから

お返事には今日のティーパーティーのことを書いておきましょう!

あの子も素敵な春の日々を過ごしているといいわね♪
 
16:00 (13ago)6年生・副寮長 キャンディス・セリーナ・モートン -
Frühlingsstimmen


君はヨハン・シュトラウス二世の「春の声」を知っているかな?



誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、今なお燦然と輝く黄金のワルツ。



そのメロディーはあまりに流麗な旋律美
その華やかさは萌えいづる生命の息吹
その喜びは春の到来に沸く人々の喝采



七分にも満たないこの楽曲の中に、幾重にも咲き乱れる春の美しさが
織り込まれているんだ。



音楽とは偉大だね。



そうそう、この曲にはこんな逸話があるんだ。



ヨハン・シュトラウス二世とフランツ・リスト・・・
稀代の作曲家達がある晩餐会で戯れに連弾を興じた。
そんな中で即興で作られたのがこの「春の声」なんだ。



長い人生の中でのたった一晩、その出会いが後世に
悠久に語り継がれるであろうひとつのワルツを生んだ。



名曲は運命に導かれた二人の出会いの奇跡。



君が招かれたこのティーパーティー。
もしかしたから君もそんな奇跡を奏でるのかもしれないね。



たとえ歴史に残るような一大事にはならなくても、
君の人生を「春の声」のように彩る素敵な一日になるはずさ。



さぁ、心ゆくまで楽しんでおいで。



ザ・ロイヤル・スクール・オブ・ウェントワースへようこそ!
 
08:00 (11・13ago)音楽教師 ジュール・ベランジェ・グランヴァル -
1/7PAGES >>